太陽ガス 暮らしのインフォメーション

  • home
  • 我ら太陽ガス
  • “地元”で働く魅力 伊集院営業所の児玉玲果さん

2019.10.01

“地元”で働く魅力 伊集院営業所の児玉玲果さん


伊集院営業所の児玉さん01

ニコニコと照れ笑いを見せながらインタビュー席へ着いたのは入社2ヶ月目のルーキー、児玉怜果さん。満開に咲く花のような笑顔が印象的な児玉さんは、伊集院営業所で電話対応や入金管理・窓口対応など経理・事務全般の業務を行なっている。

伊集院営業所の児玉さん2

入社前は4年間、旅行会社で営業の仕事をしていたという児玉さんの趣味は旅行へいくこと。旅行の計画を立てるのもまた、楽しみのひとつなんだとか。
そんな旅好きの児玉さんが前職を離れ、太陽ガスへ入社したきっかけを尋ねてみると、「職場が “家に近い”というのは決め手となる大きな理由の一つではありましたが、近所で太陽ガスの車をよく見かけていたし、とても身近に感じる会社だったこと。太陽ガスが定期的に行うイベントに参加したこともあったので馴染み深かったというのが一番です。実は私のおばあちゃんも太陽ガスで勤めていたんです(笑)」と衝撃の事実を話してくれた。
児玉さんのお祖母様は長い間、太陽ガスの検針員として活躍されていたそうだ。

伊集院営業所の児玉さん3
入社してまだ間も無く、初めて経験する事務の仕事や、お金を扱う責任ある仕事に戸惑うこともあるという児玉さんを優しくサポートしてくれるのが先輩社員である満富さん。
職場の先輩である満富さんもまた、小中学校の後輩であり、おばあちゃん同士も仲良しなんだとか。
「満富さんとは小中学校が同じですが、学年が離れているので特別な接点があった訳ではなく最初は戸惑いもありました。まだまだ慣れない私にいつも優しく、親切に教えてくれるのでとても支えられています。休憩中は地元の話で盛り上がったり、今ではすっかり仲良しです!(笑)」と笑顔をみせる児玉さん。取材時、カメラを向ける私たちを前に、「お化粧大丈夫かな?」「うん!バッチリ!」とチェックし合う様子からは、年齢や立場という垣根を超えた仲の良さが見て取れる。

伊集院営業所の児玉さん4

「入社して初めてガスには色々な種類があることを知りました。ガスをお届けするのはボンベで運ぶ方法だけでなく、地下を這わせて送るやり方があることも。生活のインフラであるガスを扱う仕事は生活に関わるとても責任のある仕事。普段はみんなニコニコ笑顔で働いているけれど、ひとりひとり責任持って熱心に仕事をしている姿がとても印象的でした。」と話す児玉さん。
後々は店頭で器具の説明を行ったり販売するのも業務のひとつとなる予定だ。

伊集院営業所の児玉さん5
「窓口にご来店くださるお客さまは、みんな社員の顔を覚えてくれているから、まずは私も顔を覚えてもらえるように元気に明るく頑張りたい!」と話す児玉さんは、“いつかは先輩のように太陽ガスの顔になりたい!”と大きな目標を掲げる。
「おばあちゃんも両親も、もちろん私も伊集院生まれの伊集院育ち!地元の人はみんな顔見知りなので会えば必ず声を掛けてくれます。自分の暮らす町のそんな温かさが大好きなので外に出たいとは思いません。これからもこの町で頑張りたい!」

“地元”だからこそ得られる恵まれた環境の中、充実した日々を送っている。

児玉 玲果 さん
部署:事務
勤続年数:2ヶ月
趣味:旅行
楽しみ:旅行の計画を立てること

我ら太陽ガス TOPに戻る