太陽ガス 暮らしのインフォメーション

  • home
  • てげてげ日和
  • 【第26回】4名のクリエイターからなる鹿児島発のクリエイティブユニット「TIPS & TRICKS」

TEGE TEGE BIYORI てげてげ日和

大自然に恵まれ、豊かな食、
魅力的な人が集まる南国・鹿児島—。
「てげてげ日和」では、
鹿児島生活8年目のライター・
やましたよしみが、
鹿児島の素敵な人・モノ・風景などを
ご紹介します。

2019.12.12

【第26回】4名のクリエイターからなる鹿児島発のクリエイティブユニット「TIPS & TRICKS」


鹿児島を拠点に活動しているフードスタイリスト、写真家、アートディレクター、エディター&ライターの4名で構成されたクリエイティブユニット「TIPS & TRICKS(ティップス アンド トリックス)」。“think tips & tricks”をコンセプトに、「デザインとアートと食」をかたちにしている。

と、言われても「何のこと?」と思う方も多いかと…。実態はというと、クライアントからのオーダーをもとにフードスタイリストがレシピ作成し、さらに料理をつくり、スタイリングをして写真家がそれをバシッと撮影し、アートディレクターが冊子やパンフレットのデザインをして理想のカタチにする。エディター&ライターはそれらに載せる文言をライティング。ちなみに、エディター&ライターは大変恐縮ながら筆者であるこの私、やましたよしみだ。ということで、今回の『てげてげ日和』は手前味噌に少々照れながらお届けする。

毎月新メニューをアップしているTIPS & TRICKSのInstagramより「イワシのグリル香草添え」。(全画像TIPS & TRICKS提供[撮影/磯畑弘樹])

毎月新メニューをアップしているTIPS & TRICKSのInstagramより「イワシのグリル香草添え」。(全画像TIPS & TRICKS提供[撮影/磯畑弘樹])

それぞれの個性と役割と。TIPS & TRICKSの中の人たち。

TIPS & TRICKSの打ち合わせ時は「おなか減った!」がほとんど合言葉で、「いい匂い~!」「おいしそ~!」が撮影中に飛び交うセリフ。打ち合わせや撮影は、いつでもいい香りが漂う料理スタジオ<chipie(シピ)>で行われる。ここの主宰はフードスタイリスト・ミワトキコさんだ。あれこれ意見を出し合う真面目な打ち合わせだが、料理の資料ばかり見ているのでいつの間にかおなかが減ってくる。空腹のあまり話が脱線しそうになるとズバッと言って軌道修正してくれるのも、トキコさん。「みんなが遠慮している空気でも思ったことを言っちゃう。それで責任が発生したとしてもね(笑)」と言う通り、裏表がなく頼りになる。

8月にアップされた「手焼きトルティーヤと、4種の具材で楽しむタコス」。シーンをイメージさせる表現が得意だ。

8月にアップされた「手焼きトルティーヤと、4種の具材で楽しむタコス」。シーンをイメージさせる表現が得意だ。

トキコさんはもともとデザイナーで、学生時代に料理やインテリアのスタイリストアシスタントとして活動していたことも。現在はフードスタイリストとして飲食店のメニュー開発や提案、広告用の料理撮影のスタイリング、企業が発行する季刊誌へのレシピ提供や寄稿も行っている。それから、トキコさんの開発したレシピの料理をつくる料理教室も人気。自称「インド料理偏愛」だが、それ以外のどの料理も涙が出るほど美味である。それもあって毎回撮影が楽しみなのだ。撮影終了後は、つくった料理をサッと包んでくれ「持って帰ってね」と見送ってくれる。

TIPS & TRICKSの最年少は写真家の磯畑弘樹さん。彼も過去にはデザインをしていたが、次第に写真撮影も依頼されることが増えたそう。そして、デザイン事務所の退職金で買った一眼レフを手にした3ヶ月後に、それを持ってニューヨークへ向かったことがきっかけで写真の道へ。現在は、広告写真を中心に活動中。旅に出て撮影したものをまとめた写真展『僕の見てきたインド』も好評を博した。「僕“が”見てきたじゃなくて、僕“の”見てきた、にするところが磯くんぽいよね」とトキコさん。いつも使用するカットの撮影後に、彼が好きなように撮る「磯タイム」がある。マメな性格ゆえ、TIPS & TRICKSのインスタグラムの更新担当でもある。

鹿児島と東京の二拠点で活動している<Prismic Design(プリズミック デザイン)>の二野慶子さんが、TIPS & TRICKSのアートディレクションを務める。冊子やパンフレット、ポスター、パッケージのデザインをはじめ、ウェブデザインやロゴ作成、最近では展示会のディスプレイデザインを行うなど、活動の幅が広い。穏やかな人柄で、自然と潤滑油的な役割を担って打ち合わせや撮影を回してくれる。「みんなの共通認識を文章にまとめる人が必要。何をするにしても文章が必要になるから」と、やましたに声をかけてくれたのも慶子ちゃん。いつでも自身を美しく整えていて、彼女のあり方や仕事ぶりには刺激をもらうばかりだ。

夏の終わりにアップされた2種の「モヒート」。色で魅せるのもTIPS & TRICKSの定番。

夏の終わりにアップされた2種の「モヒート」。色で魅せるのもTIPS & TRICKSの定番。

私、やましたはというと、みなさんとは少し離れた北薩・薩摩川内市の海辺の小さな町でふたりの子どもを育てながら編集・ライター業をしている。最近は、雑誌やムック本の制作、ブックライティング、ウェブサイト用の取材や原稿執筆、ブログやSNSなどの代行も行っている。TIPS & TRICKSの活動はもちろん、近年オファーのある仕事内容や求められる原稿の質やテイストが変わってきていて、ライターとしては過渡期を迎えているように感じている。

世界観を本気で追求するから叶う「楽しい仕事」。

フリーで活動する4人がなぜ、クリエイティブユニットとして動き出したか。それは、「つくったものを作品として残したい」「満足がいくまでこだわって作品をつくりたい」「とにかく自由にやりたい」など、さまざまな想いがある。しかし、結局のところ「楽しく仕事がしたい」というのが最大の理由だ。TIPS & TRICKSの活動を通じて、ひとりでは難しいこともそれぞれの技術と経験と、個性を持ち寄ればそれが叶うと実感している。

10月、11月のメニュー。

10月、11月のメニュー。一年分撮影したら“ZINE”にする予定だ。それがひとつの目標でもある。 10月、11月のメニュー。一年分撮影したら“ZINE”にする予定だ。それがひとつの目標でもある。

今後もTIPS & TRICKSは世界観を追求し、表現する。かたちにする。通常の広告であれば奇抜すぎるとか、アーティスティックに寄り過ぎていると言われるかもしれないが、おそらくそれはそうではない。常に新しいアイデアと提案をもって、これまでにない仕事をするのが私たちTIPS & TRICKSである。どうぞお見知り置きを。

▼TIPS & TRICKS(ティップス アンド トリックス)

鹿児島を拠点に活動するクリエイティブユニット。アートディレクターや写真家、フードスタイリスト、エディター&ライターの4名で構成されている。“think tips & tricks”をコンセプトに、冊子やパンフレットの制作、加工食品の企画アイデアの提案、飲食店のトータルブランディングなど「デザインとアートと食」をかたちにしている。
Instagram @___tips_and_tricks___

TIPS & TRICKSメンバーのInstagram

ミワトキコ @chipie_tokikomiwa
磯畑弘樹 @hiroki_isohata
二野慶子 @humming_torico @prismic_design
やましたよしみ @yoshimi_yamashita

取材・執筆
やましたよしみ

フリーランスの編集者・ライター。鹿児島県薩摩川内市在住。浜松市出身。
大学卒業後、IT関連企業を経て、出版社、編集プロダクションに勤務。
主に女性向けフリーペーパーや実用書、育児情報誌などを制作。
2011年、東京から鹿児島へ移住。2012年よりフリーランスとして活動している。
得意分野は、食と暮らし、アート。二児の母でもある。
■ブログ http://yamashitayoshimi.blogspot.jp

てげてげ日和 TOPに戻る