太陽ガス 暮らしのインフォメーション

RESEARCH INSTITUTE OF ELECTRIC POWER INDUSTRY 未来電機研究所

太陽ガスの地域電力事業は、
電気を売るだけではありません。
鹿児島の自然や気候、
ライフスタイルに合っ
た電気ってなんだろう?
少しづつですが、進んでいく研究成果や
プロジェクトをご紹介します。

2018.01.04

第30回 〜桜と水力発電〜


鳥取の袋川。河川敷を早朝に鳥取砂丘をめざしてランニングしました。まだ暗い6時過ぎのことでした。 鳥取市で水力発電の研修会に参加した11月中旬のことです。小雨の降る中、あたりはまだ薄暗い河川敷。対岸に「あ~桜だな」と思われる並木が続いていました。私は桜が、特に川に咲く桜が大好きなので、帰りはあちらを走ろうと決めました。この桜達の樹が思った以上にずっしり太く、そしてずっと続いていくのでびっくりしまた。傍らにある看板によると約65年前から植えられた桜だそうです。私の背丈で頭にぶつかるかぶつからないかぐらいに伸びた歩道の上の枝が、アーチ状に川に向かって垂れ下がっています。桜の時期はどんなにか美しいのだろうかと夢想しました。 65年前から植えてこられたこの桜が今こうして、私たちを喜ばしてくれるということにとても感動し、その瞬間、頭をよぎったのは、水力発電所も同じではないかな、ということでした。65年経っても私たちに喜びを与えてくれる桜のような、そういう小水力発電所を自分は作りたいんだなと胸を熱くして、研修会に向かいました。

─文:新エネルギー推進チーム 及川

未来電気研究所 TOPに戻る