太陽ガス 暮らしのインフォメーション

RESEARCH INSTITUTE OF ELECTRIC POWER INDUSTRY 未来電機研究所

太陽ガスの地域電力事業は、
電気を売るだけではありません。
鹿児島の自然や気候、
ライフスタイルに合っ
た電気ってなんだろう?
少しづつですが、進んでいく研究成果や
プロジェクトをご紹介します。

2017.06.28

第24回 〜水力奮闘記③〜



水力発電所の建設は時間がかかる、という話をよく耳にします。本当にそうなのかと疑いがありましたが、実際に色んな逆境に耐え忍んできた今はそのことが骨身に沁みています。
さて、前回は事業費が“装置”のおかげで1千万円も高くなってしまったところまでお話しました。 お金の話と同時に、発電所を設置する用地も頭が痛いところでした。一番の候補地が権利関係が複雑で、司法書士が「一番厄介なケースだ」と吐露しました。この最優先候補地は諦めるしかなく、その下流の用地に改めて計画し直しました。工事の距離が長くなるのでまたお金がかかります。
そこで関係者の皆さんに頭をひねってもらい、お金をかけない設計に無理やりしてもらいました。「堰は高くつくから自然取水で行こう」、「ヘッドタンクもなしにしよう」、「バルブも減らそう」などで何とか採算ラインが見えてきました。「ふぅ、やっと形が出来る。」と一息つけたのはつかの間でした。(つづく)

文:新エネルギー推進チーム 及川

未来電気研究所 TOPに戻る