太陽ガス 暮らしのインフォメーション

RESEARCH INSTITUTE OF ELECTRIC POWER INDUSTRY 未来電機研究所

太陽ガスの地域電力事業は、
電気を売るだけではありません。
鹿児島の自然や気候、
ライフスタイルに合っ
た電気ってなんだろう?
少しづつですが、進んでいく研究成果や
プロジェクトをご紹介します。

2019.08.01

第49回 水力奮闘記16



みなさんもご心配していただいているかと思い、今回は水永吉君(みなきちくん)の安否のご報告をいたします。今回の記録的大雨では、日置市の東市来では6月28日からの総雨量が770mm(6月の平均雨量は430mm)というすさまじい量でした。 大潮と重なったこともあり、発電所のある永吉川も河口付近で河川の水が溢れたと緊急メールが鳴り響きました。もちろん色んなことがすごく心配になりました。3日の夕方に一度発電所の確認をしていましたが、それからも土砂降りが続いていましたので、私の頭の中の川の水位が、発電所の護岸のてっぺんにどんどん近づいていきました。 翌4日早朝に、避難先から家の確認に行く前に、まっすぐ水永吉君の所へ。発電開始からまだ1年しか経っていないのに…などと思いながらおそるおそる近づいていきました。前と変わらない姿を確認したときは「ほっ」としました。発電所内の少量の浸水と取水口のコンクリートが少し破損、巨石が取水口の前に転がっていましたが、大きな問題が無かったことに心から安堵と感謝しました。

─文:新エネルギー推進チーム 及川

未来電気研究所 TOPに戻る