太陽ガス 暮らしのインフォメーション

RESEARCH INSTITUTE OF ELECTRIC POWER INDUSTRY 未来電機研究所

太陽ガスの地域電力事業は、
電気を売るだけではありません。
鹿児島の自然や気候、
ライフスタイルに合っ
た電気ってなんだろう?
少しづつですが、進んでいく研究成果や
プロジェクトをご紹介します。

2018.05.08

第34回 つながり


PLANETARY(プラネタリー)という映画を見ました。冒頭、欧米人の宇宙飛行士が、宇宙空間から地球を見たときのことを語っていきます。スペースシャトルから見える地球は美しく、ひとつの生命体のようだと。そして今地球で起こっている動植物の絶滅や自然破壊の現状を語っていきます。1年に何千種?もの動植物が絶滅しているのに、この事態には無関心で、経済優先の人間社会… こんな悲惨な状況ですよ。もう地球は持ちませんよ。といった映像やら書籍は私は10代、20代の時にいやと言うほどインプットしてきました。その情報に触れると、とても悲しくなり、無力感や絶望感のバットでぼこぼこにされてきた気がします。 しかし、この映画が面白いのは、一つの解決方法を示唆していることでした。冒頭にあった宇宙飛行士のような目で、「地球は一つの生命体」であり、人間も地球という生命体の1つの細胞のようなものだと。現代、人間と自然は乖離していたのですが、このつながりを取り戻すことが、新たな時代の扉を開く鍵になるだろうと。 この映画の中で一番印象深かったことは、インドの昔話でした。「人間は昔、神の頭を持っていたが、悪さをするので、神々がこの神の頭を人間から隠してしまおうと相談した。ある神は上空に、ある神は海底に隠そうと言ったが、人間はやがて見つけてしまうだろう。そこで、人間の中に隠そうということに決めた。決してそこには到達しないから。」と言った趣旨でした。私も自分の内にいらっしゃる神様と気軽にお茶でもできたら、様々なことが解決されるのではないかと思っています。

─文:新エネルギー推進チーム 及川

未来電気研究所 TOPに戻る